ご飯とお味噌汁はお替り無料

ご飯とお味噌汁はお替り無料

最近、外食をすると、定食屋さんなどでは、よくご飯とお味噌汁のお替りは無料です、というところがありますよね。

お替り無料です、とあるとお替りしなければいけないという気になりませんか?

私は、なんとなくまだ食べれる余裕があるときには、お替りしなければいけないなと思ってしまいます。

お腹がどうしてもいっぱいのときには、ご飯は無理なので、お味噌汁だけでもお替りしようかなと思ってしまいます。

どこまでも貧乏性なのでしょうね。

私が以前勤めていた会社の近くに安くて美味しい定食屋さんがありました。

ランチタイムは、600円の日替定食600円がいつも1番人気でした。

日替定食には、メインのおかずが1品と小鉢、ご飯、お味噌汁がついていました。

私と同僚は、よくそのお店で日替定食を食べていました。

そして、そのお店もご飯とお味噌汁はお替りが自由でした。

同僚は、痩せの大食いで、体は小さくて細いのによく食べる人でした。

そのお店では、必ずご飯をお替りしていました。

そして、そのお店に私達と同じように常連でよく来ていた男性がいました。

彼も体は細く、それほど大きくなかったのですが、いつもご飯とお味噌汁を何回もお替りしていました。

あまりにお替りをするからか、彼のご飯は、1杯目からてんこ盛りになっていました。

ご飯とお味噌汁のお替りは自由ですを見るとその彼や同僚のことを思い出します。

先日、ランチに行ったお店もご飯のお替りは無料でした。

そして、そのときも、何回もお替りをしている男性がいました。

よく食べる男性にとってはよいサービスなのでしょうね。

その男性は、最後はおかずがなくなったからか、ご飯茶碗にお茶を入れてお茶づけにして食べていました。

彼は、ご飯を十分堪能した様子で満足そうでした。

ご飯とお味噌汁のお替り無料っていいサービスですよね。

そのサービスがあるというだけで胸が弾むという人も多いのではないでしょうか

トルクェ

友人の妊娠

今日、結婚して長いこと子どもができなかった友人から赤ちゃんができたというメールが届きました。

彼女とは、幼稚園の頃からの長い付き合いです。

友人というより家族と言ったほうが良いくらい私の大事な人です。

彼女は、32歳のときに結婚しました。

子どもを早く作りたいということはなかったようですが、できれば子どもは欲しいと思っていたようです。

でも、なかなか子どもができないので、「もうこの先子どもができないということを前提としていろいろなことを考えようかと思っている」と先日会ったときに話していました。

そんな中、できた赤ちゃんなので、彼女も嬉しかったようです。

彼女はは、赤ちゃんができて嬉しいという気持ちはあったのですが、高齢出産ということもあり、安定するまでは、身内だけにしか話していなかったのだそうです。

私に送られてきたメールも、「結婚して今頃になって赤ちゃんができちゃって」とちょっと気恥ずかしそうでした。

そのメールは仕事中に届いたのですが、自分のことのように嬉しかったので、すぐに良かったね!返信しました。

予定日は、9月の中旬くらいになるのだそうです。

お盆くらいには実家に帰り、実家の近くの病院で出産する予定なのだそうです。

高齢出産になるので不安はあるようですが、子どもを産むことより育てることのほうが大変かもしれないと言っていました。

確かに体力的にもきついかもしれませんが、彼女は保母さんだったので、子育には慣れているのではないでしょうか。

高齢出産と言っても、最近は、30代後半や40代で子どもを産む人も増えているようなので、安心して出産できるのではないかと思います。

今日のこのニュースは、自分のことのように嬉しかったです。

彼女には、お盆休くらいに会う予定です。

会う日が楽しみです。

シャンクレール